日々妄言

妄言です。生暖かく見守ってください。

ベーシックインカムについて考えてみた

ベーシックインカムとはWikipediaの記載だと

政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想

とのこと。

そして現在の日本はどういう状況かというと、デフレスパイラル状態。
物が多くて売れない。だから安くするが賃金が下がる。賃金がさがればさらに物が売れない。

日銀は量的緩和で銀行の貸出、企業に投資を促してる感じだが、物が売れないんじゃどこも渋るし、バブル崩壊から立ち直れてないから銀行も貸し渋る。

そこで国民に直接お金を配るベーシックインカムはどうかと思った次第です。

ちょっと脱線しますがお金について。
日本では日銀が紙幣を発行して銀行が借りて企業とかに担保を設けて貸す。
つまり出回る紙幣は何かの担保で誰かが、何処かの企業が借りた金であると。(ちゃんと考察してないんで間違ってるかも)

話を戻してベーシックインカムは無担保で国民に紙幣を貸し付ける事かと。もしくはこの場合、国民自体が担保になるんかな。

で、ベーシックインカムが実際にされたら起こること。
まずはインフレ。
仕事する人や時間が減り、生産物が少なくなる。
何もせずにお金が入ってくるなら働かないよね?
生産量が減って物の価値が高騰する。

しかし今のデフレの特効薬になりえるかも?
何故ならかなりの確率で物の価値が上昇するから。
でもかなりの確率でインフレも起こすだろうと。

浅知恵だが結論として、今のデフレを打開するには限定的なベーシックインカムはありだと。

いかに物あまりから物不足にシフトし過ぎないようにするかは注視しないとね。それは量的緩和とおんなじで様子見つつやるしかないかな。

そういえばマイナンバーも出来たことだし、ベーシックインカムが出来る土台はあるんかな

以上