読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々妄言

妄言です。生暖かく見守ってください。

経済の分離 四権分立

現在の権力は三権分立として立法・行政・司法である。

今回はここに「経済」を加えられないかと考えてみた。

 

何故経済を一つの権力とするか

何故に経済を一つの権力と位置付けるか考えたのは、最近の世界情勢で経済成長により「経済」が政治などの権力に大いに影響を持つ様になってきたと”現実”を感じたから。

経済の歴史は紙幣や貨幣を使い始めた頃から急に発展してきたと思う。それは過去100〜150年の間に急速に。(学者じゃないんでちゃんと検証してないです)

立法・行政・司法も最初から大きな権力では無かっただろう。

 

そして経済も着々と成長し、いまや一企業がグローバル企業として一国を相手どるまでになっている。(TPPとか、貿易条約で)

 

権力の不健全(バランスがわるい)ときは症状として社会問題が出てくると考える。(検証してないです)

それは先進国での格差などの社会問題で現れてるのではないかと。

 

漠然としてますがこんな感じ。

 

もし社会問題が拡大したら大規模な戦争が起こるのかも。戦争は人類の営みの一つなのかもね。

 

戦争に負けた国は既存の権力が滅び栄える。日本とドイツもそれですね。